お知らせ

社会人力育成山形講座 総括フォーラム「山形講座から見えてきた大学教育と次世代育成」を開催しました。

12月16日(金)に、山形講座の成果について報告し、今後の大学教育と次世代育成を展望する総括フォーラム「山形講座から見えてきた大学教育と次世代育成」をホテルメトロポリタン山形において開催いたしました。

フォーラムでは、山形大学 小山 清人学長にご挨拶いただいた後、文部科学省高等教育局 大学振興課大学改革推進室 改革支援第二係長 河本 達毅様より、近年の大学教育の動向と山形講座への期待についてお話しいただきました。

 

基調講演では、「企業が求める人材像」についてというテーマで株式会社セゾンファクトリー 顧問 齋藤 峰彰様よりお話しいただきました。講演を通してご自身の会社創業時のお話や商品作りへのこだわりをお話しいただき、そして何よりも社員一人一人に対する人間教育の重要性について熱いメッセージをいただきました。

 

その後の成果報告では、山形講座全体の成果について、東北文教大学 大川 健嗣教授より報告があり、次いで「山形フィールドワーク教育」「山形プロジェクト教育」「山形起業教育」「リーダーシップ教育」について、各教育分野での授業を担当した教員がそれぞれの授業成果について報告しました。

山形講座全体の成果報告では、「山形講座は社会人力育成プログラムとして確立された」「課題は残るが、学生の社会人力育成として成果を得ることができた」「山形講座が学生の就職活動に対して役立ったと評価されている。山形県への人材定着を目指した、地域志向型人材育成については今後も継続して取り組むべき」といった報告がなされ、4教育分野の報告ではそれぞれ学生の社会人力育成に寄与していた、と各授業の様子踏まえながら報告がありました。

休憩をはさみ、後半は「山形講座から見えてきた大学教育と次世代教育」をテーマにパネルディスカッションを行いました。パネリストの方々それぞれの立場から、人材育成への取り組み、人材定着への課題等について意見交換を行いました。

パネルディスカッション登壇者(敬称略)

座長:

安田 弘法(山形大学 理事・副学長)

 

パネリスト:

齋藤 峰彰(株式会社セゾンファクトリー 顧問)

小沢 喜仁(福島大学 理事・副学長)

伊藤 耕平(寒河江市さがえ未来創成課 課長)

大川 健嗣(東北文教大学 人間科学部長・教授)

柴田 孝(山形大学 教授)

 

当日は80名の方々にご参加いただき、山形講座の成果をお伝えするとともに、次世代育成や若者の地域定着について様々な取り組みを知り、考える機会となり大変充実したフォーラムとなりました。

会場にお越しいただきました皆様、フォーラム開催にあたりご尽力いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

高等教育機関
山形大学、山形県立保健医療大学、東北芸術工科大学、東北公益文科大学、東北文教大学・東北文教大学短期大学部、山形県立米沢女子短期大学、羽陽学園短期大学、鶴岡工業高等専門学校、山形県立産業技術短期大学校、山形工科短期大学校
連携機関
山形県、山形県市長会、山形県町村会、山形県商工会議所連合会、山形県商工会連合会、山形県中小企業団体中央会、一般社団法人山形県経営者協会
表示モード:スマートフォンスマートフォン | PCPC