お知らせ

キックオフシンポジウム「挑戦!山形で活躍する人づくり」を開催しました

3月15日(金)に、平成25年度から開催する「社会人力育成山形講座」を広く県民の方々に知っていただくため、キックオフシンポジウム「挑戦!山形で活躍する人づくり」をホテルキャッスル山形において開催しました。

文部科学省の平成24年度大学間連携共同教育推進事業に採択された取組「美しい山形を活用した『社会人力育成山形講座』の展開」では、山形県全域の多彩な地域資源(自然・歴史・文化・コミュニティ・産業・県民性)を学習素材として活用しながら、国公私立の枠を越え各大学等の特色を生かし、学生に社会人として求められている能力(コミュニケーション力、課題解決力、リーダ―シップ)の育成を図ります。そして、山形の地域社会で活躍する、変える、担う人材の養成を目指します。

シンポジウムは、山形大学 結城学長にご挨拶いただいた後、第一部の基調講演では、東北公益文科大学の町田 睿学長に「激動期の人材育成」と題して、現代が求める人材と若者が求める将来像とのギャップ、東北公益文科大学での取組みについてご講演いただきました。第二部の事業紹介では、山形講座の4つの教育取組「山形フィールドワーク教育」「山形プロジェクト教育」「山形起業教育」「リーダーシップ教育」について担当教員より紹介を行いました。第三部のパネルディスカッションでは「山形における人づくり」をテーマに、パネリストの方に、それぞれの視点から問題提起をしていただき、今後の山形の人材育成についての意見交換を行いました。
当日は120名を超える県民の皆様にご参加いただき、山形における人材育成について学生や企業、大学などそれぞれの視点から考えを深め、また人づくりの大切さについて改めて気づかされる機会となり、大変充実したシンポジウムとなりました。

第三部 パネルディスカッションでのパネリストの皆様
■山形県内の発展を担う人材育成への期待
山形県企画振興部企画調整課企画主幹 玉木 康雄氏
■企業から見た人材育成への要望と展開
スズキハイテック株式会社 代表取締役社長 鈴木 喜代壽氏
■大学がなすべき人材育成のあり方
山形大学  柴田 孝氏
■学生が感じている社会に出ての不安や希望
東北芸術工科大学芸術学部3年 齋藤 翔太さん
東北公益文科大学公益学部3年 武田 拓也さん

会場の様子

会場の様子

結城学長の挨拶

結城学長・大学コンソーシアムやまがた会長の挨拶

東北公益文科大学 町田学長の基調講演

東北公益文科大学町田学長の基調講演

パネルディスカッション

パネルディスカッション

高等教育機関
山形大学、山形県立保健医療大学、東北芸術工科大学、東北公益文科大学、東北文教大学・東北文教大学短期大学部、山形県立米沢女子短期大学、羽陽学園短期大学、鶴岡工業高等専門学校、山形県立産業技術短期大学校、山形工科短期大学校
連携機関
山形県、山形県市長会、山形県町村会、山形県商工会議所連合会、山形県商工会連合会、山形県中小企業団体中央会、一般社団法人山形県経営者協会
表示モード:スマートフォンスマートフォン | PCPC