リーダーシップ入門1

leader1
開講担当校 山形大学
分野 リーダーシップ教育
授業タイトル リーダーシップ入門1
担当教員名 柴田 孝 SHIBATA Takashi
開講学年 1年~4年
単位数 2
開講期間 前期集中
開講時期 5月~6月
開講形態 演習/講義(5/14~6/11の毎週土曜日・5日間)
授業の目的・概要 変化の激しい時代を、柔軟に積極的に、豊かに生き抜くための知恵や考え方、リーダー、フォロワーとしての行動の仕方について考えていきます。なぜリーダーシップの理論を学ぶ必要があるのかを理解し、人間として成長していくために必要な基本的なスキル(伝える力、先を読む力、考える力など)を理解し、マインドセットを変え、積極的な行動に結びつくことを目的としています。
授業計画 【授業の方法】
「集中講義・グループワーク」形式で行います。講師による一方的な講義ではなく、提起された内容やリーダーの持論に触れて、熟考、対話、議論や発表を通して新たなマインドセットの創造を目指します。

【授業の日程】(日程は予定です。各回の開講時間は4月初旬~中旬 ガイダンス(授業説明会)
第1回:5/14(土)オリエンテーション・自己紹介・ゲスト講話
第2回:5/21(土) リーダーシップ論講義・ゲスト講話・まとめのディスカッション
第3回:5/28(土)リーダーシップ論講義・ゲスト講話・まとめのディスカッション
第4回:6/4(土)アントレプレナーシップ論講義・ゲスト講話・まとめのディスカッション
第5回:6/11(土)アントレプレナーシップ論講義・ゲスト講話・まとめのディスカッション

【成績評価】
授業出席回数(4回以上)、レポート(テーマごと、課題「マインドセットを考える」など)、グループ発表で評価します。
学習の仕方 参考書は適宜紹介しますが、経営書・伝記等に関する書籍やビジネス情報誌を読むようにしてください。
協力企業・自治体等組織 県内優良企業、県内大学など
受講生の声 活躍するリーダーの話を聞けてとても有意義な時間を過ごせました。自分の信じる道があり、反対する人がいても貫く姿勢はすごいと思いました。今の私にはなかなかできませんが、これから責任を持つことや意志を貫く強さなど徐々に身に付けていきたいと思います。演習で書いた目標を忘れずに、かなえたいと思います。
受入団体・企業の声 とても素直でしっかりしている学生が多いですね。少人数の双方向で授業が行われているということはとても重要だと思います。今年も講師を依頼されうれしく思います。
高等教育機関
山形大学、山形県立保健医療大学、東北芸術工科大学、東北公益文科大学、東北文教大学・東北文教大学短期大学部、山形県立米沢女子短期大学、羽陽学園短期大学、鶴岡工業高等専門学校、山形県立産業技術短期大学校、山形工科短期大学校
連携機関
山形県、山形県市長会、山形県町村会、山形県商工会議所連合会、山形県商工会連合会、山形県中小企業団体中央会、一般社団法人山形県経営者協会
表示モード:スマートフォンスマートフォン | PCPC